愛車のタイヤ交換なら専門店にお任せ|自分で施工するよりらくちん

時間とコストを考慮しよう

サイズに気をつけよう

男女

車のタイヤ交換の多くは、購入した店舗にそのまま依頼して行ってもらうものですが、近年では割安な価格で購入できる通販での売り上げが伸びていることから、タイヤのみをショップや工場に持ち込み、交換作業のみを依頼するケースが増えています。同一のメーカー、種類のタイヤの持ち込みをしてくるお客さんは良いのですが、中には依頼を受けたショップが躊躇してしまう交換依頼があります。オークション等で落札した中古タイヤの持ち込みに多く見られるケースですが、バリ山とか7分山という記載とサイズだけを確認して購入したものの、側面にオゾン劣化による細かいヒビが入っていたり、2本ずつタイヤもホイールもメーカーが異なっていたりするタイヤが見られます。ヒビについては、バーストの危険も懸念されるため安全上の問題があります。メーカーや種類違いについては、タイヤの回転することによって機能を発揮するために重要な個別の動バランスの他、グリップや抵抗等の4本トータルで発揮する性能のバランスが崩れてしまうため、こちらも安全上の問題があります。中には万が一の時の責任問題を回避するために、この様な持ち込み交換依頼を断っている者もありますが、まずはユーザー側が自分の命を乗せて走るタイヤの重要性について、しっかり理解する事が必要です。インターネット上には、正規品でも店頭より安い価格で販売されているタイヤがたくさんあります。購入を決める際には、きちんと安全なタイヤであることを確認してから購入しましょう。

事前に業者を探しておこう

玩具

自動車をお持ちの方も大勢いらっしゃるでしょう。自動車を長期的に所持していると必ず各パーツ類が劣化してくるので、その都度交換が必要になってきます。その中でも早急に交換が必要になるのがタイヤです。磨り減ったタイヤをそのまま使用しているとスリップなどの事故の原因に繋がってしまうので、スリップサインが出てきたら交換しましょう。タイヤの交換では、タイヤを購入したショップに依頼をする事が一般的ですが近年では安くタイヤを購入して持ち込み依頼される方が増えてきました。インターネット通販で安く購入して、取り付けを行なっているショップをご自身で探して依頼する流れとなるので、多少手間が必要となりますが、その分安く交換を行う事が可能です。持ち込み依頼を検討した際は、事前に業者を探しておきましょう。探し方で最も効率が良い方法ではインターネットを活用する方法があります。インターネットでは全国から持ち込み可能な業者を探す事ができる他、最安値で依頼できる業者も簡単に見つける事が出来ます。多くのショップでは持ち込みを行う際に、ショップで購入した時よりも割高になる事が多いです。中には持ち込み不可、となっているショップも珍しくないので、事前に持ち込める業者を探す事で購入後にすぐ依頼する事が出来ます。申し込み方法では、事前に予約が必要な業者が殆どですので、インターネットや電話、メールを利用して予約を行なっておきましょう。

できるだけ抑えたい

タイヤ交換

タイヤはふつうディーラー、タイヤショップやホームセンターなどで新品を購入し、そこで交換してもらうことが一連の流れです。しかし、新品の価格、またそれが二個、四個となると商品の合計価格など結構なものになります。そこに取り付けの手間賃や一個毎の廃棄の手数料がかかるのです。しかし今、タイヤの購入先は実際の店舗に限らずネット上でもいろいろな製品が様々な価格で取引されています。例えば、ネットショップ、オークションなど。また新品に限らず、程度の良い中古、新古品なども数多く入手できます。ここでは実店舗のように夏用、スタッドレス、軽トラ用と検索すれば自分の求めるものが見つかり、物によっては半額近い価格で販売されている新品や新古品もあります。そういう入手先から購入したものは、タイヤ持ち込み交換サービスをしているお店で対応してくれます。一般的なカー用品サービス店では、持ち込み可能なところと、そうでないところがあり、問い合わせが必要です。またガソリンスタンドでも対応してくれるところがあるかもしれませんが、これも個々で違います。比較的多くが持ち込みに対応してくれるのは、「町の修理屋さん」です。必要な費用は「交換取付工賃」「バランス工賃」「廃棄費用」です。工賃関係はお店によってまちまちでしょう。廃棄費用は一個に付き500円程度で、これらはサービス店とほとんど同じ。行きつけの修理工場があればよいですが、特に決まっていない場合はネット検索やタウンページ等で周辺の工場を探して持ち込みの可不可、交換工賃等の問い合わせをして価格の比較をしてみるとよいでしょう。