愛車のタイヤ交換なら専門店にお任せ|自分で施工するよりらくちん

車の衣替え

季節の変わり目に行う作業

婦人

春と秋の終わりは、季節の移り変わりとともに北国ではタイヤ交換のシーズンがやってきます。まず、タイヤ交換をする時には、2つの選択肢がありますね。1つは、自分で交換する。これは、自分で保管場所から自分で運んで、ジャッキであげて1本ずつタイヤを取り付け替える作業です。慣れた人なら簡単に交換できていますが、慣れない人タイヤも重たいです不慣れなのでかなり、重労働です時間がかかります。ただし交換料は、無料なのでコストは抜群にいいので、お金をかけないのでしたら自分で交換をするのも1つの方法ですね。2つめは、スタンドやカー用品を販売しているお店や車のディーラーさんにタイヤの持ち込みをして交換をしてもらう方法です。こちらは、あらかじめ電話で連絡をしておいて、時間を決めての時間にタイヤを積み持っていくという方法です。もちろん、お金はかかりますが、持ちこみでお願いするだけで、タイヤを交換している間は、のんびりお茶を飲み雑誌を読みながら待つことができます。本当にタイヤを交換するだけなら価格もお手頃です。他に、もう少しお金がかかりますが着脱・組み換え・バランスなどをとってもらうこともできます。また、持ち込みすることでタイヤの溝がすり減っていないかどうかなども見てもらうことができるので、安心です。持ち込みをすることで、自分ではできないこともプロの方に見てもらうことができるのが、タイヤ持ち込みの良いところでもあります。

車の交換サービスの工夫

女の人

商業施設内にある車両整備サービスコーナーや、車両整備工場を営んでいる専門事業者などへ、車の車輪交換サービスを依頼する際に、自ら購入をしていたタイヤ本体を持ち込んで申し込んだりする際での話になります。この場合、自身で購入をしたタイヤを持ち込み、サービスを依頼するケースになりますが、この場合、交換は可能ではあってもそれ以後の際でのサービス面での保証が無いところも存在しますので、注意が必要です。それでも一部のところの場合には、サービス提供後のそれ自体の損害保険への加入パックサービスなどもやっているところもありますので、そうしたサービスなどは持ち込みの際に、大いに活用をしていくべきと言えます。それでもやはり、事後の保証面などをも考慮して、大抵の店舗ではタイヤ本体と交換サービスとをパックで購入利用をさせようとする傾向がありますので、そのため、中々持ち込みそのものを認めないところが多い現状があります。こうした事情から、最初から持ち込みが可能である店舗や事業者を自分で様々な方法や手段で探していく形になります。しかし、それでもそのための時間は大いに限られていますので、時間短縮のためにも、タイヤ交換のサービスをやっている事業者を比較した専門比較サイトなどの活用が、大いにお勧めです。そうしたサイトでは、複数からなるタイヤ交換サービスを行ってくれる専門事業者をピックアップして挙げてくれますので、持ち込みが可能かどうかも確かめる事も出来ますので、大いに利用価値があります。

スタッドレスへの交換

男性

冬になると雪が降り、道路が結露するので早めに冬用のスタッドレスタイヤなどに交換しなければいけません。それ以外にもタイヤの持ち込み交換というの重要な車整備であり、ひいては燃費の良し悪しとブレーキ性能に密接にかかわってきます。傾向として好まれる機能というのは、冬場にはより強いブレーキ性能が求められますが、そのままの状態で普通の路面を走るとブレーキが利きすぎてしまうのです。なので雪が降らなくなったならば速やかに、ブレーキ性能がほどほどの夏用タイヤに交換しなければならないといえます。地元の業者を探せば必ずこういったサービスを行っているところがあるので、慌てて車庫などに冬用と夏用の両方を備える必要はありません。むしろこういったタイヤは保存が難しいので、タイヤ保管も込みのサービスを受けるようにしたほうがいいといえるでしょう。自宅の車庫などにタイヤを保管する場合、湿気と虫害との戦いになってしまうので保管料以上に気疲れしてしまうことになります。持ち込みをする場合は基本的には前もって電話しておけばそのまま行き、そして新しいタイヤに交換してもらって帰ることができるのでお手軽です。タイヤの持ち込み交換というのはあまり大げさに考える必要がない作業なので、地元の業者にまず相談してみるといいでしょう。受けられるサービスは持ち込み交換のほかにも車の清掃やタイヤのホイール部分の研磨など、多種多様にあるので都合のいいものを選択してついでに受けてみると快適な車に仕上がります。